XserverでLaravelをインストール

サーバーエンジニア

今日はXserverでLaravelをインストールしてみたいと思います。

PHPの開発者にお話を聞くとLaravelのインストール方法はこの3つがあるそうです

1, 自分のパソコン環境に設置

2, VPSでLaravelをインストール

3, ホスティング会社にインストール

しかし、1は自分のPC環境を汚すが嫌。2はわざわざLaravelのためサーバーを構築するのは面倒です。

他に1と2は余計な工数がかかります。

そこで、3のXserverの無料アカウントを使いLaravelを構築したいと思います。

メリット

1, サーバー構築の工数がいらない。

2, サーバーの保守がいらないという点があります。

さて、構築していきましょう。

1 PHP環境の構築

$ mkdir bin
$ ln -s /opt/php-7.4.4/bin/php bin/php
$ ls bin/
php

2 パスの変更
$ vi .bash_profile

#PATH=$PATH:$HOME/.local/bin:$HOME/bin
PATH=$HOME/bin:$PATH:$HOME/.local/bin

$ source .bash_profile

3 composerをインストール

$ curl -s https://getcomposer.org/installer | php

composeにリネーム
$ mv composer.phar bin/compose

4 Laravelをインストールする
$ compose require laravel/installer

ドキュメントルートに移動
$ cd domain/public_html

5 Laravelアプリを新規作成。
$ ~/vendor/bin/laravel new example

ということでLaravelのインスールは完了しました。

ブラウザで確認するとちゃんと表示できています。

解説も大分省略しているので

初心者にやさしくなく大分手抜きの記事です

誰かのお役にたてるとうれしいですね。

参考サイト
https://qiita.com/sayama0402/items/17c8ab70b41ed977afc9
https://blog.hiroyuki90.com/articles/laravel-xserver/

コメント