swapの容量

swapの容量はなんで実メモリーの2倍なのか?4倍とか5倍とかでもいいんじゃね?この辺の疑問が沸いた。調べてみると2倍という数値は経験地だそうでこれを目安としている。

何か重たい物を動かして4倍5倍のswapでうごかした場合処理がおそすぎていらいらしてしまう。2倍くらいがちょうどいい。それでも重たいようなら物理メモリーを増強しろってことなんでしょうね。その経験から2倍ということですな。

ちなみに物理メモリーとswapでは圧倒的に物理メモリーの方が処理速度は速いです。最近メモリーは安いのであんまりswapのことはきにしなくてもいいのかもしれません。

しかし、以前の記事を読んで頂ければわかりますが、

会社のサーバーは古いのがあるのでswapを拡張しました。

参考サイト

LinuxのSwap領域は、なぜ実メモリと同等か2倍程度?
「LinuxのSwap領域は、実メモリと同等か2倍程度」取りましょう、とよく目にするのですが、根拠を教えてください。多ければよいと言う訳でもなさそうだし、疑問に思っています。よろしくお願いします。 - UNIX・Linux 解決済 | 教えて!goo