自宅サーバー関係

PHP 7.4 alpha1

PHP

サイトのリニューアル後、2個目の記事です。

最近転職にいそがしくて休みも色々と忙しい。

しかし、エンジニアらしきこともしないといけないので、今日はPHP 7.4.0 alphaが出ていたので

サーバーにインストールをしてみた。

php/php-src
The PHP Interpreter. Contribute to php/php-src development by creating an account on GitHub.

どのような機能が出ていたか調べてみると

我々インフラにとってはここら辺が参考になりそうです。

PHP 7.4 Alpha Released With FFI Extension, Preloading Opcache For Better Performance - Phoronix
Phoronix is the leading technology website for Linux hardware reviews, open-source news, Linux benchmarks, open-source benchmarks, and computer hardware tests.

目玉になりそうなのは

プリロード機能による高速化でしょうか?
30パーから50パーセント近くが処理能力が向上してるみたいです。

他のにもTLS1.3のサポートです。

バックエンドで動いてるPHPにTLS1.3が対応しても意味があるんでしょうか?

ここら辺は正直意味があるのかどうかわかりません。

ではさっそくインストールしましょう。

パッケージが不足したためビルドエラー
# yum -y install sqlite-devel oniguruma-devel
# cd /usr/local/src
# wget https://github.com/php/php-src/archive/php-7.4.0alpha1.zip
# unzip php-7.4.0alpha1.zip
# cd php-src-php-7.4.0alpha1
#./buildconf --force
#./configure --sysconfdir=/etc --with-config-file-path=/etc --with-config-file-scan-dir=/etc/php.d/ --bindir=/usr/bin --libdir=/usr/lib64 --mandir=/usr/share/man/ --includedir=/usr/include \
--with-bz2 --enable-calendar --with-curl --enable-exif --enable-ftp --with-gettext --with-gmp --enable-mbstring --with-mysqli --enable-mysqlnd --with-openssl=/usr/local/openssl-1.1.1c \
--enable-pcntl --with-pdo-mysql --with-readline --enable-shmop --enable-sockets --with-zlib --with-xsl --with-apxs2=/usr/bin/apxs --enable-fpm
# make 
# make install

こんな感じでインストール完了。

特にWordPressは問題なく動いてる感じです。

何かの参考になれば幸いです。

6/19に追記

phpinfoを確認した結果試はopensslのオプション自体は認識されています。

しかし、phpinfoのopensslの項目を見るとCentOS7のopenssl-1.0.2kが設定されています。

config.logなどを確認してみましたがいまいち原因がわかりません。

そして、これがどのように影響かしてくるか?

いうとコードで暗号化をする場合に必要になってきます。

今のところ私のサーバーでは問題なさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました