カテゴリー別アーカイブ: wordpress

WordPress 4.9.1

WPのアップデータがあった。

マイナーバージョンのセキュリティの更新とバグの修正なんですぐバージョンアップしたほうがいいでしょう。

オートアップデータで勝手にバージョンアップするのでいい。

でも、相変わらず会社のWPから通知が届かないと俺のところにメールが来る。

これもなんとかしないとなー。50通くらいくるんだよなー。

後のふたりの動きがよくわかんねー。サイトの更新をかけてるだが、

以前のように大量に更新かけてるようではなくやったりやらなかったりと何がしたいのだかよくわからん。

そして、HPKPです。

chrome67から無効化されるということなんで、nginxの設定を変更して無効化しました。

やっとlet’s encryptの自動更新スクリプトができるようになった。

cron.monthlyの方にぶっこんで月に一回更新するようにしておく。

さて、今日も一日数学のお勉強がんばらないとな・・・。

中学の一次方程式をやる予定です。

行列と微分ができるようにればいいんだろうが、どうしても数学の力が足りない。

高校数学になったらどれだけ大変かがくがくぶるぶるです。

今日もブログお読み頂きありがとうございました。

では良い一日でありますよう。

おまけ、suzukiさんのサイトから、

https://www.suzukikenichi.com/blog/how-to-support-hreflang-and-internationalization-with-amp/

超上級というのも初めてみた。

そして、webmasterのhelpフォーラムをみてるとRWDに移行してないサイトが結構あるっぽい。

ampの同時運用を考えたら構成がさらに複雑になって運用が間違いなく大変になるだろうね。

シェルスクリプトでlinuxのユーザーPASS変更とWordPressPASS変更スクリプト

馬鹿が独立するのでサイトの

FTP用のパスワード変更とwordpress変更用スクリプトをつくってみた。

あの馬鹿うちの会社情報を知りすぎている。

単純にやめてくれるだけなら、アクセス規制をするだけですむんだけどなー・・・。

こまった。

#!/bin/bash

# host名からユーザーを割り出してパスワード変更
cat /etc/passwd |grep $1 > user.txt
sed -i -e 's/:.*//g' user.txt
USER=`cat user.txt`
echo "任意のパスワード" | passwd --stdin $USER

# wordpressか判定
echo -n "このアカウントはWPですか? [yes/no]":
read ANSWER
if [ "$ANSWER" != "yes" ]; then
echo "処理を中止します"
exit;
fi

# mariadbのパスとアカウント確認
cd /home/$1/public_html
cat wp-config.php

# wordpressのユーザー名とパス確認

echo -n "DBネームを入力してください:"
read DBNAME

mysql -u root -prootpass -e "use $DBNAME;select user_login, user_pass from wp_users;"

echo -n "user_loginを入力してください:"
read WPUSER

# wordpressのパス変更
mysql -u root -prootpass -e "use $DBNAME; update wp_users set user_pass = md5('wordpresspass') where user_login = '$WPUSER';"

# wordpressのユーザー名とパス確認
mysql -u root -prootpass -e "use $DBNAME;select user_login, user_pass from wp_users;"

php-7.2.0RC3にバージョンアップ

そろそろテストしたかったのでphp7.2にバージョンアップしました。

こっちもgitからインストール。

https://github.com/php/php-src/releases

圧縮ファイルから解凍しconfigureを作る場合は

#./buildconf –forceが必要です。

そしてバージョンアップ完了。WPの方を確認すると!!

ブラウザで表示するとレイアウトがおかしかったりなにかしら不具合がでるかなとおもったが、

こちらは問題なし。WPにログインしてみても特におかしいところもなし。

サーバー本体のエラーログの方もみていますけど、これも問題なさそうです。

以上、wordpressのプラグインとコアと

php-7.1が動く環境なら問題なく7.2にしても動くんじゃないのかな?

というのが結論です。でも、正式リリースではないのでバージョンアップはしないように!!

俺はこのままRC3をつかってみようかなとおもう。

遭遇したエラーを書いておきます。

まずオプションですが、 –with-mcryptが7.2はなくなっています。

さらにビルドしてmakeインストールすると勝手にpearがインストールされる。

Installing PEAR environment:      /usr/lib64/php/
--2017-09-28 10:52:19--  https://pear.php.net/install-pear-nozlib.phar
pear.php.net (pear.php.net) をDNSに問いあわせています... 109.203.101.62
pear.php.net (pear.php.net)|109.203.101.62|:443 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 3610262 (3.4M) [text/plain]
`pear/install-pear-nozlib.phar' に保存中

100%[=====================================================================================================================================================================>] 3,610,262   1.16MB/s 時間 3.0s

2017-09-28 10:52:24 (1.16 MB/s) - `pear/install-pear-nozlib.phar' へ保存完了 [3610262/3610262]

[PEAR] Archive_Tar    - already installed: 1.4.3
[PEAR] Console_Getopt - already installed: 1.4.1
[PEAR] Structures_Graph- already installed: 1.1.1
[PEAR] XML_Util       - already installed: 1.4.2
[PEAR] PEAR           - already installed: 1.10.5

古いphp.iniを使ってる場合下記エラーが出力。

[root@www php-fpm]# php -v
PHP Deprecated:  Directive 'track_errors' is deprecated in Unknown on line 0

解決方法はphp.iniの下記をoffにすればいい。
;track_errors = On
track_errors = Off

[root@www php-fpm]# php -v
PHP 7.2.0RC3 (cli) (built: Sep 28 2017 10:27:45) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group
Zend Engine v3.2.0-dev, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.2.0RC3, Copyright (c) 1999-2017, by Zend Technologies