カテゴリー別アーカイブ: wordpress

Nginx 1.13.11 release

さて、今日も色々ブログを書くことがあります。

まずはNginxからいってみましょう。1.13.11がreleaseされておりました。

10がでてそれほどたっていないのに出ていたのはこれがラストの可能性が高いです。

毎年こんな感じです。

恐らく次はメジャーバージョンの1.15.0がreleaseされるのかな?

変更は下記となります。

Changes with nginx 1.13.11 03 Apr 2018

*) Feature: the “proxy_protocol” parameter of the “listen” directive now
supports the PROXY protocol version 2.

*) Bugfix: nginx could not be built with OpenSSL 1.1.1 statically on
Linux.

*) Bugfix: in the “http_404”, “http_500”, etc. parameters of the
“proxy_next_upstream” directive.

次はwordpress 4.9.5がreleaseされた。

中身をみるとバグの修正バージョンぽいのでこれもバージョンアップしておいたほうがいいでしょう。

https://codex.wordpress.org/Version_4.9.5

でmaridb10.3にバージョンアップやインストール方法は公式を参考にしてください。

https://downloads.mariadb.org/mariadb/repositories/#mirror=yamagata-university

自分はmysqldumpでバックアップをとり完全パッケージを削除して再度新規にインストールする方法をとってます。

中途半端にバージョンアップしてしまうとエラーがでたりどうさがおかしくなったのが原因です。

ご参考までに

mailが使えなくなったのは詳しく調査した結果mariadbとは別の要因です。

どうもCentOSに仕様がかわって?

シンボリックリンク先が大分変更されてるみたいです。

それが原因でメールに色々トラブルがある。

これもそのうちシンボリックリンクを修正して治してみようかなと思う。

そして、次は会社です。

元社員が外注?として復活してきました。

といってもやめていった連中ではなく以前に辞めた人です。

元々日常生活を送るのも困難な状態もあるらしく

ちょっとしたアルバイト感覚でお仕事するのはいいかもしれません。

社長の家にいるのか?正直何をやってるのかよくわからんがw

こういう秘密や不透明さは正直あんまりすきではありません。

俺とか他の社員が不安になるのは異様なまでの秘密主義が原因。

何かやるのに隠そうと隠そうとすることはこの場合いいこととはおもえません。

さて、今日も一日がんばろう!!

ServerPush 完成かな?

Nginxの方には下記がかいてあってフルパス云々とかいてあり

HTTP/2: server push.

Resources to be pushed are configured with the “http2_push” directive.

Also, preload links from the Link response headers, as described in
https://www.w3.org/TR/preload/#server-push-http-2, can be pushed, if
enabled with the “http2_push_preload” directive.

Only relative URIs with absolute paths can be pushed.

The number of concurrent pushes is normally limited by a client, but
cannot exceed a hard limit set by the “http2_max_concurrent_pushes”
directive.

yukiさんのサイトやリンク先をにらめっこです

http://asnokaze.hatenablog.com/entry/2018/02/08/190939

https://w3c.github.io/preload/

ふとssllabsのHTTP Requests検索したときにexample2が出力されていたのでこれつかえるんじゃないかと試しに実装してみた。confファイルに追記

# server push用ディレクティブ
add_header “Link” “</wp-includes/js/wp-emoji-release.min.js>; rel=preload”;
add_header “Link” “</wp-content/plugins/contact-form-7/includes/css/styles.css>; rel=preload”;
add_header “Link” “</wp-content/themes/twentytwelve/style.css>; rel=preload”;
add_header “Link” “</wp-content/themes/twentytwelve/css/ie.css>; rel=preload”;
add_header “Link” “</wp-includes/js/jquery/jquery.js>; rel=preload”;
add_header “Link” “</wp-includes/js/jquery/jquery-migrate.min.js>; rel=preload”;
add_header “Link” “</wp-content/plugins/contact-form-7/includes/js/scripts.js>; rel=preload”;
add_header “Link” “</wp-content/themes/twentytwelve/js/navigation.js>; rel=preload”;
add_header “Link” “</wp-includes/js/wp-embed.min.js>; rel=preload”;

wordpress用のプラグインが上記を出力させていました。

https://ja.wordpress.org/plugins/http2-server-push/

nghttpコマンドで確認
[root@www www.superweibu.com]# nghttp https://www.superweibu.com -vn

[ 0.022] recv (stream_id=13) :method: GET
[ 0.022] recv (stream_id=13) :path: /wp-includes/js/wp-emoji-release.min.js?ver=4.9.4
[ 0.022] recv (stream_id=13) :authority: www.superweibu.com
[ 0.022] recv (stream_id=13) :scheme: https
[ 0.022] recv PUSH_PROMISE frame <length=60, flags=0x04, stream_id=13>

PUSHされているのでおk。

さらにchrome canryはこのように出力。

どうやら完成したのかな?

というこでNginxの開発者たちやWPのプラグイン作者。そして、yukiさんたちのおかげで実装出来ました。

お礼申し上げます。よい週末をお過ごしください!!

追記、server pushが有効かするとHSTSが無効かされる。

Chrome65Betaでtls1.3サポートとServerPush

まずchrome65です。会社のchromeを65betaにアップデータしました。

予定通り65でtls1.3をサポートしたので安定バージョンでtls1.3をサポートすると思います。

サーバーのログは下記。

xxx.xxx.xxx.xxx – – [09/Feb/2018:09:10:56 +0900] “GET / HTTP/2.0” 200 6686 “-” “Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/65.0.3325.51 Safari/537.36″ “-“TLS:TLSv1.3

ちゃんと65になっていることがわかります。

次にyukiさんのツィートでserver pushがNginxで実装されたとでていたのでリビルドしようとしたんですが、

CF(クラウドフェア)のnginx_1.13.1_http2_hpack.patchでエラーがでてしまい。パッチはあてませんでした。

1.13.9がreleaseされると使えなくなるでしょう。下記で解決方法や修正バージョンが出ると思うのでそれまで待ちます。

https://github.com/cloudflare/sslconfig/tree/master/patches

よってNginxはこのように設定。

[root@www httpd]# nginx -V
nginx version: nginx/1.13.9
built by gcc 4.8.5 20150623 (Red Hat 4.8.5-16) (GCC)
built with OpenSSL 1.1.1-dev  xx XXX xxxx
TLS SNI support enabled
configure arguments: --prefix=/etc/nginx --sbin-path=/usr/sbin/nginx --modules-path=/usr/lib64/nginx/modules --conf-path=/etc/nginx/nginx.conf --error-log-path=/var/log/nginx/error.log --http-log-path=/var/log/nginx/access.log --pid-path=/var/run/nginx.pid --lock-path=/var/run/nginx.lock --http-client-body-temp-path=/var/cache/nginx/client_temp --http-proxy-temp-path=/var/cache/nginx/proxy_temp --http-fastcgi-temp-path=/var/cache/nginx/fastcgi_temp --http-uwsgi-temp-path=/var/cache/nginx/uwsgi_temp --http-scgi-temp-path=/var/cache/nginx/scgi_temp --user=nginx --group=nginx --with-http_ssl_module --add-module=/usr/local/src/nginx-ct --with-openssl=/usr/local/src/openssl --with-openssl-opt=enable-tls1_3 --with-http_realip_module --with-http_addition_module --with-http_sub_module --with-http_dav_module --with-http_flv_module --with-http_mp4_module --with-http_gunzip_module --with-http_gzip_static_module --with-http_random_index_module --with-debug --with-http_secure_link_module --with-http_stub_status_module --with-http_auth_request_module --with-http_xslt_module=dynamic --with-http_image_filter_module=dynamic --with-http_geoip_module=dynamic --with-http_perl_module=dynamic --add-module=/usr/local/src/ngx_brotli --add-module=/usr/local/src/nginx-http-rdns --add-dynamic-module=/usr/local/src/njs/nginx --with-threads --with-stream --with-stream_ssl_module --with-http_slice_module --with-mail --with-mail_ssl_module --with-file-aio --with-compat --with-http_v2_module --with-cc-opt='-O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions -fstack-protector-strong --param=ssp-buffer-size=4 -grecord-gcc-switches -m64 -mtune=generic -fPIC' --with-ld-opt='-Wl,-z,relro -Wl,-z,now -pie'

次にserver pushです。

wordpressのserver push用プラグインをいれてカナリーでためしたんですがapacheで試したようにならない。

Nginxもこのようになってるので自分のWPに実装するのは時間かかりそうです。

HTTP/2: server push.

Resources to be pushed are configured with the “http2_push” directive.

Also, preload links from the Link response headers, as described in
https://www.w3.org/TR/preload/#server-push-http-2, can be pushed, if
enabled with the “http2_push_preload” directive.

Only relative URIs with absolute paths can be pushed.

The number of concurrent pushes is normally limited by a client, but
cannot exceed a hard limit set by the “http2_max_concurrent_pushes”
directive.

http://hg.nginx.org/nginx/rev/641306096f5b