カテゴリー別アーカイブ: wordpress

WordPressのPHP対象バージョンとブラウザ

昨日、twiiterでつぶやいたら、

あぱーブログの管理人さんからいいねを頂きまして感謝しております。

このサーバーにapacheをインストールする際に参考にさせて頂きました。

俺のサイト違って親切丁寧にしっかりとしたサイトをおつくりですから、

インフラ系を目指す方は参考にされるといいとおもいます。

https://blog.apar.jp/

さて、wordpress4.8にして先ほどきがついたのですが、

ieの旧バージョンをサポートを終了していたんですね。まったくきがつきませんでした。

http://news.mynavi.jp/news/2017/04/26/060/

馬鹿がつかってる会社サイトが全然バージョンアップしてないから、

不思議におもっていたらこれが原因だったのかw

英語サイトでこのことをしったのです。そこのコメント覧でphpのバージョンも議論されていた。まだphp-5.2をつかってるユーザーが100万以上いるそうでieみたく簡単には切り捨てることができないそうです。しかし、その人たちは新しいバージョンが使えることを知らない人も多いことを指摘されていました。

まぁ、でも当分コアの方はphpのバージョンはあがらないでしょう。

個人的にはphp-7.0以上でやっておけばプラグインやテーマでトラブルことはないとおもいます。うちの連中は5.3.3をつかっていてトラブルに巻き込まれているw

ほんまあほや。

素人なら仕方ないが・・・。

おまけ、これかわいい

とにかく前進

まったり今のしごとするつもりだったが、

なんか前進というか進歩ができないようなきがしたので

なるべく早く終るように努力しないとな。

スクリプトも改造してftpに転送できるようにしたほうがいいかな?

早くこの件を終らせて次のことにとりかからないとな。

どうもなんていうか今回のスクリプトに納得できてないというか、

自分の実力のなさを露呈してるきがする。

時間は有限だし有効につかいたいものだ。

さて、wordpress4.7.5が出た。

まぁマイナーシリーズなんでとくにない。早めにアップデータすることをお勧めする。

おまけ、結局sedコマンドを使えないから,

viの編集モードから特定の文字を全部削除することにした。

しかし、余計な入力の時間がかかってしかたない。そこでヒアドキュメントを試してみた。

# vi test.sh

#!/bin/bash
vi $1 << END
:g/word/d
:wq
END
# sh test.sh test.txt

結果、ターミナルの入力と警告がでるが、削除はできる。

WordPress 4.7.3

今回もマイナーバージョンのアップデータです。

wordpressのブログによると脆弱性があるので、早急にバージョンアップしましょう。

https://wordpress.org/news/

前回のようなWP至上もっとも最悪の脆弱性みたくならないよう。早急にアップデータしないとな。

前回も書いたがマイナーバージョンなんでメジャーバージョンと違い不具合は出にくいです。

セキュリティを軽く考えないようにしないとね。

何かあれば追記します。

次はレンタルサーバーの回答です。

新規にサイトを作成する場合は1万円。pleskについてはplesk onyxにすることは可能とのことです。pleskのサーバーをつくってもらうほかありませんね。どのような判断が下るかまだわかりませんが、現状のCentOS5移転は中止の可能性が高い。

彼が新規でサーバーを契約してもらってる間に自社のサイトは他サーバーに移転。CentOS5はサポート終了後もそのまま動かし続けます。

契約が切れる8月までに全部データ移行してもらえばいいかな。

それにデータ移行についてはレンタルサーバーも対応可能とのこと、自分でやるか金はらってやってもらえばいいだろうな。

これから忙しくなるなーww