カテゴリー別アーカイブ: ネットワークエンジニア

質を問われる時代

o6asanさんがいいツィートしている。

そうまさにそれ!!

もうhttpsに移行とかサイトのセキュリティとかseo云々とか導入の議論する時代じゃなくなってきてる。移行後の時代になりつつある。

SEOJAPANでSEO業界はh2が盛り上がってないと書いてあったのがこの記事。

http://www.seojapan.com/blog/everyone-moving-http2

上記記事から一年ちょっと経過。見たことない技術の名前もありますが、もうここまできてる。

下の画像はcdn共有サーバーの業者?です。

上記技術はブラウザとサーバーの間で見えないところで動いています。

確認方法は一部ssllabsで見ることが可能。

今も日本の共有サーバーを調べていますが、ここまでやってる業者はないでしょう。gmoクラウドとか一部plesk導入してるところがssllabsでAプラスとかうたっていましたよ。

https://www.tipweb.ne.jp/

今後はこういのもレンタルサーバーを選ぶ基準のひとつになるんでしょうかね?

今のところgoogleのbotはhttpsかhttpのurlの判断してないとしてる一方、

chromeでは最新の技術を導入しています。

また、新技術の開発にgoogleが関係してることが多々あります。

httpsに移行したと一安心してると足元すくわれることになる。

webサーバーの標準はどれ?

CentOS5も終わるし、新サーバーを作るのにあたりどのくらいのwebサーバーを作る必要があるのか?

うちのライバルになる可能性が高いサイトが多いので、

昨日、代表的なレンタルサーバーをしらべてみました。

結果、今現在はそんなに難しいサーバーを作る必要がないことがわかり一安心。CentOS7でphpを最新にした状態で作るつもりです。

このサーバーみたくすると管理が大変なんでね。

今のところパッケージだけで十分だと思います。

それに会社サーバーの一部はhttp/2でうごいていますし、新しいサーバーには実装しません。

将来はわかりません。

さて、現在の共有サーバーでhttp/2の対応はどうなんだろうか?

すでに動いていたり、対応してるのはnginxばかりです。しかし、nginxの場合はhtaccessがつかえないのでwebmasterの人たちには評判はよくないんじゃないのかな。

常時ssl移行でさくらは色々トラブルが発生してるたいですし、これはリバースプロキシーが原因。superweibu.netが同じ環境ですね。

http/2をapache単体で動かしてるサイトってo6asanさんみたくご自分でサーバーを作る能力があるところだけでしょう。レンタルサーバーが実装するのはまだまだ時間がかかるかな?

しかし、今年apache2.2が終わります。

それにすでに2.4.x系で動かしてる共有サーバーもありました。結構大手のところなんで同じ用にapache2.4を採用するとおもいます。

一般の共有サーバーがhttp/2対応し始めたら、自社のサーバーの改造もかんがえればいいかな。

でも、googleが一声かければ状況がかわりますので、

常に最新の情報を追っておく必要があります。

TLS格差広がる?

プッシュ通知に60人も登録していただきました。

本当ありがとうございます。

こんなブログですがこれからもよろしくお願いします。

去年11月から今現在にいたるまでlet`s encyptの伸び率ががすごすぎw

倍以上になってる。

https://letsencrypt.org/stats/

今年はさらにこれ以上の伸び率をだすでしょう。https移行が加速してるように思えます。

移行に文句を言ってる場合じゃないとおもうな・・・。

また例のコメント覧みていたら、一人だけ発狂してやがるww

そこまでいうのなら、もう自分でやれよ。

そして、httpsが広ばればhttp/2やtls1.3などを使うサーバーと格差がでてきます。

yahooはhttp/2をめざすとどこかの記事で読みました。

xserverのhttp/2対応の記事を書きましたがここに結構アクセスがあります。

https://www.superweibu.com/archives/9505.html

もう移行したという方ここら辺も検討していただければと思います。

今のところ使えるのはpleskとクサナギくらいかな?

おまけ、子猫を拾ったえらい人。