レジストリロックとレジストラロック

どうせレジストリやレジストラ側の問題なんであんまりきにしなかったんですが、

今回のドメイン名ハイジャック対策のひとつにレジストリロックというのがあります。

そのほかにレジストラロックというのもあります。

言葉はらとりが違うだけですが、まったく内容がちがいます。

レジストリとはトップレベルドメイン(comとかnet)を扱う団体で、

レジストラとはレジストリに認められたドメインを販売したりする代理店(お名前.com)

みたいもんです。さらに、レジストラに認められた再販業者(バリュードメイン)があるわけですね。

そして、レジストリロックとはドメイン停止のことをいい。

レジストラロックは勝手にドメイン移管ができないようにすることですね。

実はこのレジストリロックのドメイン停止なんですが、

うちも登録情報に使えないメアドが登録してあってドメイン停止をくらいました(笑)

いきなり夜中の8時くらいにサーバー用のホスト名が使えなくなって・・・。色々調べていたら夜中の2時です・・。

バリュードメインの方に連絡したらいつもの連中じゃなくてサポートチームがでてきまして、

iccanの規約違反があったと教えてもらいました。

ただ、iccanの方も良心的なのかな?

規約違反(使えないメアドが登録)のドメインが100以上あったんですよ。

しかし、停止くらったのは3つのみです。

管理者に気がつかせようとしてサーバー用のドメイン停止は意図的なんでしょうね。