Fedora19に挑戦!!その2(BIND)

ここまでopenssh,xinetdは成功しています。特に変更するようなことはなかったので省略しました。

# yum -y install bind bind-utilsでとりあえずnamed.confをいつもどおりにzoneファイルも作成し

#systemctl start named.service サービスの起動

#systemctl enable named.service 自動起動

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ensxxxxxx サーバー自身のDNSに問い合わせるようにDNS1=”127.0.0.1″に変更してネットワークの再起動

#systemctl restart network.service

digをやった結果

;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags:; udp: 4096
;; QUESTION SECTION:
;test.net.                      IN      A

;; ANSWER SECTION:
test.net.               86400   IN      A       192.168.1.253

;; AUTHORITY SECTION:
test.net.               86400   IN      NS      test.net.

次はbindのchroot化

#yum -y install bind-chrootしたが名前解決できない現象が発生。原因がわからないがnamed.confをallow-recursion { localhost; localnets; };とallow-query-cache { localhost; localnets; };を追加して

#systemctl restart named.serviceで名前解決できるようになる。

そして改めて# yum -y install bind-chrootを実行して

#/usr/libexec/setup-named-chroot.sh /var/named/chroot on

# systemctl stop named.service

#systemctl disable named.service

#systemctl start named-chroot.service

# systemctl enable named-chroot.service

これで終了。/usr/なんちゃらはFedora17だけみたいなことも書いてあったが、19でもつかうみたいだね?ここら辺は未確認です。それとサービスとしてnamed-chrootが独立したはおどろいた。

明日はapacheに挑戦しようと思う。