Appleへの怒りマックス3

独り言

今日はちょっと変わった攻め方をしようと調査をされる方や

より上位の方と直接お話しようと電話した所、

お繋ぎできないと言う事でまたスペシャリストと会話。

昨日とは違う方なので少しでも建設的な話し合いをしたいと言った所

何を入力してもサムネイル画像の関数と同じように同じ答えが返ってこないので

調査が終らないと次のプロセスに移れないと言う事です。

この問題点を指摘しました。

ジョブの同時並行処理をしておけば効率が良い点など色々提案してみても、

テンプレートの回答です。

以上の結果から、解りませんという回答のため

スペシャリストとオペレーターの違いはありませんでした。

何を持ってスペシャリストと名乗ってるか疑問?

現実、今の業務プロセスでは対応とれないので私みたいクレーまーがうまれるわけでして

今のサポートのシステム自体が限界がきてるのでしょう。

今思うとやり取りを録音しておいたほうがよかったでしょうね。

相手側もいったいわないの水掛け論になる以上、録音をしております。

私も録音してる旨を嘘をついた所、録音を止めて下さいとの回答。

自分はして良いけど、相手がやるのは駄目という論理がわかりません。

頭に来ていたのでそれを公開するといった所、

録音してる相手とは電話できない決まりになってるとか電話をきられました。

再度、オペレーターの方に録音の件を聞くとアップルの規約でそうなってるだけで

何故そうなのかはわからないそうです。

録音してるかしてないかは相手側にはわからないので、個人的には録音する方をお勧めします。

合法化非合法化は色々議論があるようですが、ネットで調べる限り問題なさそうです。

ただ、脅迫的な行為でいわせるなどは当然だめです。

それよりも文面や文字として証拠としてやりとりしたほうが良いかなと思います。

twitterなりそちらのほうでアップルのアカウントと絡んでみるつもりです。

また、進捗がありしだいブログを書くつもりです。