アウトプットすることの大事さ

ネットワークエンジニア

アウトプットすることの大事さはエンジニアに限らず

どこの業界でも大事なのではないでしょうか?

アウトプットすることによってどのような効果がえられるのか

具体的に考えていきます。

1,インプットになる

アウトプットするこということは自分がちゃん理解してないとできません。

まずはどのように動いてるのか理解してく必要があります。

つまり、インプットになります。

2,読解力や表現力がつく

いくら理解できたとしてもそれを相手がわからなければ意味がありません。

そこで必要となるのは読解力=端的な文章にする力と相手に容易に表現できる文章の構成能力が必要となります。

読解力についてはりょうさんが良い発言をされておりますので

引用させていただきましょう。

上記はアウトプットの一例です。

エンジニアの場合でしたら、

VPSで何かのサーバーを作ってみる。

プログラマーなら自分の書いたコードをgithubで公開する。

誰かの質問に回答する。

上記はすべてアウトプットと呼んでいいんじゃないでしょうか?

その人のスキルになるかなと思います。

インプットについてもりょうさんが良いツィートをしております。

しかし、オヤジエンジニアさんと同意見

上を見たら切がないので自分のできる範囲でやるとか楽しめる人が最強なんだと思います。