開発環境作るのに疲れた

pythonを趣味でやりはじめて色々お勉強をしております。

最初はanacondaという色々モジュールがはいったpythonを使っておったんですが、

他にもやりたいことができてまして本格的にpython本体を

windowsに入れてpipコマンドで色々やっとりました。

しかし、最近python3入門という本を購入してみたところ、

これが困ったことにベースになっとるのがlinuxなんですよね。

windows環境じゃできないことが多いことが発覚。

さてどうしたもんだかと・・・。

このサーバーに入れることもできますけどね。

色々面倒なことになるので、

結局家から持って行ったパソコンで仮想環境を構築することにしました。

VM workstation playerをインストールしようとすると最新のバージョン14は使えないことが発覚・・・。

CPUがサポート対象外とかでて問題らしい・・・・。

そりゃ10年くらい前のパソコンだからさw

なんで、仕方なくバージョン12にダウングレードしてFedora28 ワークステーションをインストール。

久々のFedoraです。10年くらい触ってなかった。

どうも、ワークステーションというのとサーバーとクラウドというのにわかれてるらしい。

で、pythonをみてみたら、2.7wwww

結局、CentOSにてpython3をインストール。

これで色々出来ると思うと楽しみですねー!!

はぁ、疲れた!!