80万の差

毎日国道に向かって通勤するのだが、道が狭い。

また、子供達が中学校と小学校と反対方向にいくし車も国道に行く車と工場に行く車とそこそこ混雑する。昨今は通学の列に車に突っ込んだりと悲しい事件が多い。

父兄の方が旗をもって子供達を誘導している。その中によくみるお母さんがいるのだが、中学生や小学生に分け隔てなく接してる姿は微笑ましい。

ちょっとした通勤の楽しみになっています。

俺は子供がいれば減速するし、右側に車がなければ右側にくるまをよせますよ(w

さて、一通り共有サーバーの見てみた結果、

さくらとXserverでなんで80万近くも運用サイト数で差がでている。

phpinfo関数を使ってサーバーの構成を見てみたんですが、さくらのほうが技術的に高いと思う。php7.1にも対応してるし、opensslも1.0.2つかってますしね。シェル系のコマンド色々つかえたりと自由度はかなり高いです。

それに対してXserverは妥当なオーソドックスな構成。会社のサーバーに近いかな。しかし、mysql5.7を導入したりと最新技術を無視してるわけではない。

この状態にもかかわらず契約数は圧倒的にXserverが多い。

何故、さくらではなくXserverを選ぶのか?

りりさんが仰っていた初心者にやさしいというのがこの差を生むのでしょうか?

今週会社のサーバーをつくりますが、Xserverと似たような環境にしますよ。

昨日あんな記事書いて矛盾しますけどねw