生存の戦い

29万の生活保護の記事をみていたら、

976 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 17:42:58.40 ID:47Ycgd00O
俺身体障害者だけど
月に13万で働いてるのがバカらしくなるな
同じ職場に身体障害2級の人もいるってのに…
29万で生活が厳しい?甘えんなカスが

国民VS生活保護者という構図で戦争前夜みたいだ。私は生活保護を叩く気はありません。受給者で不正を働いてる人間、パチンコに行く人間、働けるのに働かない人間、日本国民以外を叩いております。

何故叩くのか?本来必要なところに必要な金がいかないため多くの悲劇が起きました。

福岡では生活保護を打ち切られ「おにぎりたべたい」といって餓死した人がいます。ブラマヨの吉田が「ありがとう食物連鎖の底辺の人」といったり

河本バッシングに「食物連鎖の一番下の人」 言い過ぎブラマヨ吉田が「謝罪」
お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんの母親の生活保護受給問題は芸能界でも擁護派、否定派があれこれ論じ、そのたびにネットで炎上するなど、思わぬ余波を広げている。「ブラックマヨネーズ」吉田敬さんも渦中に巻き込まれた一人だ。ツイートが本人の意図しないところで思わぬ騒動になっていた。

河本の不正受給がありったり色々と制度がおかしいのです。

下の記事は涙をながさずにはみれません。何度か社会福祉事務所に生活保護の相談に行った。しかし「頑 張って働いてください」などと門前払いされたため

http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200607/sha2006072201.html
認知症の母殺害、54歳男に猶予刑…温情判決に法廷は涙あふれる

「も う生きられへんのやで」「そうか、あかんか。一緒やでおまえと」-認知症の母親(86)と心中を図って承諾殺人罪などに問われながら、献身的な介護ぶりな どから検察が異例の“情状陳述”をした京都市の無職、片桐康晴被告(54)に京都地裁は21日、懲役2年6月、執行猶予3年(求刑懲役3年)を判決した。 裁判官は「介護の苦しみ、絶望感は言葉で言い尽くせない」「母のためにも幸せに生きてください」と励ましの言葉を添え、被告も傍聴席も涙にむせんだ。

【異例の展開】

4 月の初公判。検察は罪状をあばくはずの冒頭陳述で、介護をめぐる被告の孤独で過酷な生活、母を慈しむ心情と親子の絆など、逆に被告に有利にさえなる状況を 包み隠さず再現。傍聴人だけでなく、裁判官さえも涙を浮かべ聞き入った。その後も証人から被告への同情証言が相次ぐ異例の展開で、注目を集めた。

判決で東尾龍一裁判官は「昼夜介護した苦しみや悩み、絶望感は言葉では言い尽くせないものがあった」と指摘。「命を奪った結果は取り返しがつかず重大だが、社会で生活する中で冥福を祈らせることが相当」と執行猶予の理由を説明した。

Tシャツにズボン姿の片桐被告は背筋を伸ばして聞き入り、判決理由で献身的な介護ぶりに言及されると、うつむいて涙をぬぐった。「命の尊さへの理解が被告に欠けていたとは断定できない」と裁判官。傍聴席からもすすり泣きが聞こえた。

【自己犠牲の末】

「母の介護はつらくはなかった。老いていく母がかわいかった」。片桐被告は語っていた。

一 人息子の被告は、西陣織の糊置き職人だった父親の弟子になったが、織物不況で35歳のときに勤めるようになった。平成7年夏、父親が亡くなり、母親も認知 症の兆し。結婚はしておらず、母親の世話はすべて引き受け、夜中も母のトイレに1時間おきに付き添い、睡眠不足のまま出勤する生活が5年続いた。

しかし母親の症状は悪化し、昨年6月には徘徊して警察に保護される。派遣社員だった被告は「迷惑をかけたくない」と、介護のために休職した工場を退職。失業保険も切れると生活は困窮、今年1月にはいよいよ家賃も払えなくなった。

職 人の父から「人様に迷惑をかけるな」と厳しくしつけられた被告は「命をそぐしかない」と心中を決意。1月31日、「最後の親孝行を」と母親を車いすに乗せ て京都市の中心部など思い出の地を巡った。そのまま桂川べりで夜を明かす。2月1日朝。「もう生きられへんのやで。ここで終わりやで」と話しかける被告 に、母は「そうか、あかんか。康晴、一緒やで。お前と一緒や」。「すまんな、すまんな…」と被告、「康晴はわしの子や。(おまえが死ねないなら)わしが やったる」と母。この言葉で母の首を絞めた。自らの首も包丁で切ったが、母の遺体の横に倒れているのを発見され、一命を取りとめた。

これまでの公判で被告は「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」と打ち明けていた。

【行政に苦言】

判決で東尾裁判官は「献身的な介護を受け、最後は思い出の京都市内を案内してもらい、被告に感謝こそすれ決して恨みなど抱かず、厳罰も望んでいないだろう」と、母親の心情を推察。

半 面、「公的支援が受けられず経済的に行き詰まった」と行政対応に苦言を呈した。被告は昨夏、何度か社会福祉事務所に生活保護の相談に行った。しかし「頑 張って働いてください」などと門前払いされた。この対応に「被告が『死ねということか』と受け取ったのが本件の一因とも言える」と裁判官。「介護保険や生 活保護行政のあり方も問われている」と強調した。

【励ましの言葉】

「痛ましく悲しい事件だった。今後あなた自身は生き抜いて、絶対に自分をあやめることのないよう、母のことを祈り、母のためにも幸せに生きてください」

裁判官が最後にこう語りかけると「ありがとうございました」と頭を下げた被告。判決後、弁護士に「温情ある判決をいただき感謝しています。なるべく早く仕事を探して、母の冥福を祈りたい」と語ったという。