動脈硬化

最近はけんこうのことばかりきにするようになりました。

幸い薬のおかげで血圧は下がりましたが、

血液検査で善玉が少なく悪玉が多いことを指摘されています。

しかし、この悪玉善玉はどうも遺伝的なものらしく俺の場合は食べ物でどうにかできる問題ではないみたいだな。まぁ、悪玉善玉の薬は処方されないのでちょっと安心ですかね。

話の中に動脈硬化がちらちらとでていましたよ。ネットで調べると怖いですなー。

致命的な病気の原因になります。

本当、タバコやめてよかった。しかし、もうちょい早くやめておけばと後悔。

馬鹿が休息中タバコ吸うんでその匂いが部屋に入ってくるし、トイレも入ってくるんで困るんですね。それと同時にタバコ吸っていて周りの人に迷惑かけていたのも事実で本当にごめんなさい。

胃については昨日消化器内科の先生に話を聞きに行ったら、薬だしわすれで急遽受診にw

薬出し忘れていたそうです。君の場合、ストレス弱いので飲んでいた方が無難だそうです。

まぁ、定期的に体の検査を実施するのがいいのかもしれませんな。

そして、何かあったら自己診断することなくちゃんとしたプロにみてもらう。

これが大事です。

一番やっちゃいけないのが素人による勝手な判断。

病気になってからでは遅いのでね。すぐプロにまかせましょう。

WordPressのPHP対象バージョンとブラウザ

昨日、twiiterでつぶやいたら、

あぱーブログの管理人さんからいいねを頂きまして感謝しております。

このサーバーにapacheをインストールする際に参考にさせて頂きました。

俺のサイト違って親切丁寧にしっかりとしたサイトをおつくりですから、

インフラ系を目指す方は参考にされるといいとおもいます。

https://blog.apar.jp/

さて、wordpress4.8にして先ほどきがついたのですが、

ieの旧バージョンをサポートを終了していたんですね。まったくきがつきませんでした。

http://news.mynavi.jp/news/2017/04/26/060/

馬鹿がつかってる会社サイトが全然バージョンアップしてないから、

不思議におもっていたらこれが原因だったのかw

英語サイトでこのことをしったのです。そこのコメント覧でphpのバージョンも議論されていた。まだphp-5.2をつかってるユーザーが100万以上いるそうでieみたく簡単には切り捨てることができないそうです。しかし、その人たちは新しいバージョンが使えることを知らない人も多いことを指摘されていました。

まぁ、でも当分コアの方はphpのバージョンはあがらないでしょう。

個人的にはphp-7.0以上でやっておけばプラグインやテーマでトラブルことはないとおもいます。うちの連中は5.3.3をつかっていてトラブルに巻き込まれているw

ほんまあほや。

素人なら仕方ないが・・・。

おまけ、これかわいい

Stack Clash

昨日、glib-cとカーネルのアップデータがあったとおもったら、

root権限がうばわれるかなりやばい脆弱性がでていたんだな。

詳しく下記の内容をみていくと

これをより重大性の低いセキュリティホールと組み合わせることで、i386とamd64のLinux、OpenBSD、NetBSD、FreeBSD、Solarisのメモリプロセスの破壊に使用できる可能性があるという。

攻撃者はこれらの攻撃手法を利用することで、ローカルユーザーの特権昇格を引き起こし、完全な管理者権限を取得することができる。

ただしこれは、リモートから攻撃されるリスクがないことを意味しているわけではない。研究者らは、リモートから脆弱性を持つアプリケーションを通じて攻撃を行うことも、理論上は可能だと考えている。

https://japan.zdnet.com/article/35103039/

あるとしたらweb経由のWPの脆弱性からユーザー権限を通じてrootになる恐れがあるな。

完全なCentOSならカーネルのバージョンアップをしてこの問題は終わりだが、

特定のレンタルサーバーの場合はこの攻撃が成功する可能性としてあるか

レンタルサーバーの動きに注意だな。

こういうのがあるから、カーネルのバージョンアップをとめるべきではないんだよ。